コンテンツへスキップ

とんぼ玉のタイプ

マダガスカルのコピー玉

  • by

今仕事でマダガスカルに来ています。ある田舎町のマーケットで見つけたのがこれ。 デザイン的には19世紀ベネチアのファンシーです。それも豊富な種類があります。「おおっ!マダガスカルにも入っていたの?」と思って手にとってみたら… 続きを読む »マダガスカルのコピー玉

インドネシアのコピー玉

  • by

これは仕事関係で、インドネシアの方から頂いたトンボ玉。19世紀のベネチア産の玉のコピーです。しかし、偽物と言うよりは、別商品と考えた方が良いかも。インドネシアにも伝統的なトンボ玉はあるのに、なぜそのデザインを使わないのか… 続きを読む »インドネシアのコピー玉

キファについてのお問い合わせ

  • by

当方で販売しているトンボ玉の中で、キファに関してのお問い合わせがありました。 元々のキファは、20世紀初頭にモーリタニアのキファという町の周辺のみで作られた、結構希少なトンボ玉で、オリジナルのものは以下の写真です。Fac… 続きを読む »キファについてのお問い合わせ

緑と黄色の変わりシェブロン

  • by

これはベネチア製のシェブロン。現代作家さんの作品のようです。なぜかアフリカで手に入れましたが、手に入れたときには傷だらけでぼろぼろでした。それを磨いてきれいにしました。

レンガ色のティクタクトー

  • by

これは19世紀に作られたファンシーの仲間、英語でティクタクトーと呼ばれているビーズのレンガ色バージョンです。 なぜティクタクトーと呼ばれるのかは知りませんが、このような筒型で、網がかかったような模様のトンボ玉をこう呼んで… 続きを読む »レンガ色のティクタクトー

丸いミルフィオーリ

  • by

これは多分1900年前後に作られたと思われるミルフィオーリの丸玉です。面白い模様、目を引くストライプ、そして使いやすい形とサイズで人気です。 こちらのブログで実際にこの玉を使ってブレスレットを作られているのを見つけました… 続きを読む »丸いミルフィオーリ

二つのパターンを組み合わせた管玉

  • by

これはベネチア製ミルフィオーリの管玉です。珍しいのは2つのパターンを分けて作ってあるところ。多くのミルフィオーリは複数のパターンを混ぜて使いますから。

Nueva Cadiz

  • by

これは Nueva Cadiz と呼ばれる玉の仲間。Nueva Cadiz には16世紀頃の古いものと19世紀の新しいものがありますが、これは粒の小さい古い時代のものの方だと思われます。 端は削ってあり、模様が見えるよう… 続きを読む »Nueva Cadiz

大粒卵形ミルフィオーリ

  • by

これは最近ではあまり見ることがなくなった大粒の卵形ミルフィオーリです。この手の物としては入手できたのはこれがまだ2回目。今回の方が大粒です。 模様から見るとベネチアのモレッティのものでしょうか。 良質な古いミルフィオーリ… 続きを読む »大粒卵形ミルフィオーリ

この玉は何?

  • by

このビーズ。黒字にアベンチュラインらしい金色が入っています。さらに上のほうには文字にも見える模様が。 イスラム玉の中に混じって持ち込まれたものなのですが、正体は不明。 ファンシーの仲間のようにも見えますが、こんなデザイン… 続きを読む »この玉は何?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。