黒と金のフェザー

黒と金のフェザー

この玉は非常にシックで美しいですが、1800年代のベネチア製ファンシーの仲間です。一件複雑な模様をしていますが、金色(アベンチュラインガラス)や他の色の線をトンボ玉表面に付けておいて針で引っかいて模様にする、いわゆるフェザーの技法が使われているようです。

典型的な細長いフェザーとは異なり、貴重かつ美しい玉です。