ヴェネツィアン・ビーズ

ヴェネツィアン・ビーズ 骨董をたのしむ (39)

小瀧 千佐子, 小瀧 達郎

この本はベネチアのビーズにフォーカスをあてたものです。他のビーズは多少写真がある程度で、参考にはなりません。

ベネチアで調べているだけに、非常に見ていて楽しいビーズの美しい写真が掲載されています。

気が付くのは、ビーズの市場とは異なった名称、異なった分類が用いられていることです。著者はイタリアにいただけあって、ビーズの名称などがすべてイタリア語。ビーズ市場で使われている名称は英語がほとんどですから、ぴんと来ないものもあります。

多くの美しい写真があって楽しめる本です。特にアフリカ向け以外のビーズも収録されていますから、トレードビーズの本だけ見ていてはわからないコレクションも楽しめます。

ただし、一部の玉の年代に関しては疑問が残りますので要注意。すべて鵜呑みにするのは気をつけたほうが良いでしょう。

もっともトンボ玉の本は、玉の同定や年代判定自体が難しいこともあって、すべてに正確、というのはなかなか望めないようなのですが。