レンガ色のティクタクトー

レンガ色のティクタクトー

これは19世紀に作られたファンシーの仲間、英語でティクタクトーと呼ばれているビーズのレンガ色バージョンです。

なぜティクタクトーと呼ばれるのかは知りませんが、このような筒型で、網がかかったような模様のトンボ玉をこう呼んでいます。

よく見ると、縦横の白い線の部分は、非常に細いガラスをよって作ったものを埋め込んでいることがわかります。意外に凝っているのですね。