これもミルフィオーリ?

これもミルフィオーリ?

最初この玉はなんだかわかりませんでした。

一瞬「うんシェブロン?」

「いや、モザイク芯玉かな?」

「まてよ、でもこの色合いは1800年代のシェブロンのものだな」

本を調べたら出ていました(本は下に紹介)。この本、日本のアマゾンでは手に入らないので、アメリカのアマゾンから取り寄せました。

正体はミルフィオーリ用の cane (金太郎飴のように切って使う模様のためのガラス棒)を重ねてくっつけ、それをシェブロンのように削って模様が見えるようにしたもの。

うーん。本には「これもミルフィオーリ」と書いてあるけど、製法的には途中からミルフィオーリじゃないじゃん。確かにミルフィオーリの材料を使って同時代に同じ工房で作られたんだろうけど。

Millefiori Beads from the West African Trade (Beads from the West African Trade, Vol VI)
John Picard
Picard African Imports 01 March, 1991