黒と金のフェザー

黒と金のフェザー

この玉は非常にシックで美しいですが、1800年代のベネチア製ファンシーの仲間です。一件複雑な模様をしていますが、金色(アベンチュラインガラス)や他の色の線をトンボ玉表面に付けておいて針で引っかいて模様にする、いわゆるフェザーの技法が使われているようです。

典型的な細長いフェザーとは異なり、貴重かつ美しい玉です。

緑と黄色のシェブロン

緑と黄色のシェブロン

シェブロンの歴史は面白く、1500年代から1600年代にピークがあり、その後1700年代にはあまり作られませんでした。そして1800年代に再び作られるようになりましたが、スタンダードな青の6層シェブロンが圧倒的に多い中で、他の色や、色の組み合わせのものが少数作られています。シェブロンファンにはこの時代の青い外の玉も垂涎物です。

写真の玉はちょっと小ぶりではありますが、緑シェブロンで中に赤と黄色の層がある珍しいもの、持ち込んだトンボ玉商人もこれが見るのは2個目だと言っていました。

この写真はこの玉を現在所有する方から提供していただきました。

ティアドロップ型ミルフィオーリ

ティアドロップ型ミルフィオーリ

これは珍しいティアドロップ型のミルフィオーリです。多分製造はベネチア・ムラノ島のモレッティ工房です。

この種の玉は結構長い間作られているので正確にいつのものかを判断することは困難ですが、比較的穴の直径が大きいところを見ると、早い時期のものではないかと思います。

ちなみに最近の玉はテグスやワイヤを通すために、穴が非常に小さくなっています。

ウグイス色のフローラルファンシー

ウグイス色のフローラルファンシー

ファンシーの中までも、特にこの玉のように花や葉をあしらったものの仲間をフローラル・ファンシーと呼びます。英語で「花模様のファンシー」まあそのままの名前ですね。

フローラル・ファンシーには黒い玉が一番多く、続いて赤が一般的なのですがその他の色も時々見かけます。その中でもこれは珍しいウグイス色。今まで手に入れたのはこれ一個です。

フレンチ・アンバッサダー

フレンチ・アンバッサダー

これは1800年代にベネチアで作られたファンシーの仲間、俗にフレンチ・アンバッサダーと呼ばれている玉です。なぜこの名称があるのかは知りません。

特徴は丸で日本の陶器についている梅の模様のような模様が入っていること。もっとも梅と違って花びらの部分が通常6枚になっていますが。

この写真のものは少々痛んでいますが、粒が大きな状態の良いものは、かなり上品な印象を受けるトンボ玉です。

ねじりストライプのエルボー

ねじりストライプのエルボー

この2本の玉は非常に美しいですが、ミルフィオーリの仲間です。

ミルフィオーリはまずcaneと呼ばれる切る前の金太郎飴のような模様が入ったガラス棒を作ります。これを薄く切って芯にしたガラスの回りにくっつけて整形するのが普通の作り方。

この2本はcaneを縦に並べてくっつけてねじり、そこにアクセントとして薄切りの模様を入れ込んである、凝ったつくりです。

配色もよくとても上品で良い玉です。