コンテンツへスキップ

とんぼ玉のタイプ

クリア・ドゴン

  • by

これはトンボ玉と言うよりもカットグラスの玉ですが、やはりアフリカン・トレードに使われていたものです。 出所に関しては長い間オランダ玉とされていましたが、ドイツである、とする説もあります。 時期は16世紀頃のものと言われて… 続きを読む »クリア・ドゴン

オランダ製?シェブロン

  • by

このシェブロンは小粒でまん丸。他のシェブロンとはちょっと毛色が違います。 他のシェブロンのほとんどはベネチア製ですが、この玉はオランダ製の可能性があります。オランダでシェブロンが作られたのはベネチアよりあとで、ベネチアか… 続きを読む »オランダ製?シェブロン

稀少な黒シェブロン

  • by

このシェブロンは一見すると1800年代の数多い青シェブロンのように見えます。確かに外側の色はちょっと青みがかかっていますが、実際は不透明の黒です。 この種のシェブロンはこれ一個しか見ていません。貴重なものだと思います。 … 続きを読む »稀少な黒シェブロン

三角に丸目のキファ

  • by

このキファは高かった。ちょっとこのキファにお金を払うのはもう常人の世界ではないかもしれませんね。一線を超えた人でないと。 スタンダードなキファの形、三角なんですが、模様が丸い眼玉。多くはストライプで構成されたものですから… 続きを読む »三角に丸目のキファ

黄色いキングビーズ

  • by

このソロバン玉のような形のトンボ玉は英語でキングビーズと呼ばれる仲間で、1800年代にベネチアで作られたものです。 元々アフリカで作られた同じ形の玉が権威の象徴として珍重されているのを見て、ベネチアで真似をして作った、と… 続きを読む »黄色いキングビーズ

キファのゴージャスな一連

  • by

キファは現在でもモーリタニアで作られているビーズですが、現在のものは厚ぼったく、色もてかてかしていて、柄の面白さを除くとどうも好きになれないものです。 ところがオールド・キファの世界は異なっており、柄も細かく、形も豊富で… 続きを読む »キファのゴージャスな一連

美しいミルフィオーリとシェブロン

  • by

このミルフィオーリはベネチアの多分モレッティ工房の初期のもの。1920年前後ではないかと思います。一緒についている赤と黒のシェブロンも同じ工房の同じ時期のものでしょうか。全体のバランスもよく非常に美しい一連です。この連を… 続きを読む »美しいミルフィオーリとシェブロン

驚異の黒シェブロン

  • by

いろいろな種類の玉をばらばらと見せるのも良いですが、ちょっとカテゴリーの充実を図ろうかと、二日続けてのシェブロン。 今日のものは黒いシェブロンの大粒。う…美しい。欲しい人がたくさん。さほど古いものではないはずですが、現在… 続きを読む »驚異の黒シェブロン

横綱赤シェブロン

  • by

トンボ玉の王様シェブロン。伝統的なものは青いシェブロンですが、珍重されるのはこの赤シェブロンでしょうか。 さほど古いものではなく、1900年代初頭にベネチアで作られたようです。5層の美しいシェブロン、当時のものはかなり高… 続きを読む »横綱赤シェブロン

濃い緑のファンシー

  • by

この玉は既に手元から離れてしまいましたが、珍しい、濃い緑色をしたファンシーです。 表面には細い色ガラスなどを使って模様が付けられています。1800年代後半のものかと思います。 アフリカにはこのような繊細な加工を施した玉は… 続きを読む »濃い緑のファンシー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。