大粒卵形ミルフィオーリ

大粒卵形ミルフィオーリ

これは最近ではあまり見ることがなくなった大粒の卵形ミルフィオーリです。この手の物としては入手できたのはこれがまだ2回目。今回の方が大粒です。

模様から見るとベネチアのモレッティのものでしょうか。

良質な古いミルフィオーリはどんどん入手しづらくなってきています。

眼玉の飛び出したフェニキア玉?

眼玉の飛び出したフェニキア玉?

この玉は非常に珍しいものです。全体に眼玉が飛び出してウニのようになっています。いわゆる貼眼玉と言われるもののようです。時代的には多分フェニキア時代のものです。眼玉が付いている元の部分は芯巻きになっていますので。ほとんどの突起も原形をとどめていて非常に面白いものです。

突起が3個程度の玉は時々見かけますが、全体が突起に覆われている玉はこれしか見たことがありません。

黒と金のフェザー

黒と金のフェザー

この玉は非常にシックで美しいですが、1800年代のベネチア製ファンシーの仲間です。一件複雑な模様をしていますが、金色(アベンチュラインガラス)や他の色の線をトンボ玉表面に付けておいて針で引っかいて模様にする、いわゆるフェザーの技法が使われているようです。

典型的な細長いフェザーとは異なり、貴重かつ美しい玉です。

緑と黄色のシェブロン

緑と黄色のシェブロン

シェブロンの歴史は面白く、1500年代から1600年代にピークがあり、その後1700年代にはあまり作られませんでした。そして1800年代に再び作られるようになりましたが、スタンダードな青の6層シェブロンが圧倒的に多い中で、他の色や、色の組み合わせのものが少数作られています。シェブロンファンにはこの時代の青い外の玉も垂涎物です。

写真の玉はちょっと小ぶりではありますが、緑シェブロンで中に赤と黄色の層がある珍しいもの、持ち込んだトンボ玉商人もこれが見るのは2個目だと言っていました。

この写真はこの玉を現在所有する方から提供していただきました。

ティアドロップ型ミルフィオーリ

ティアドロップ型ミルフィオーリ

これは珍しいティアドロップ型のミルフィオーリです。多分製造はベネチア・ムラノ島のモレッティ工房です。

この種の玉は結構長い間作られているので正確にいつのものかを判断することは困難ですが、比較的穴の直径が大きいところを見ると、早い時期のものではないかと思います。

ちなみに最近の玉はテグスやワイヤを通すために、穴が非常に小さくなっています。

黒のフローラルファンシー

黒のフローラルファンシー

これは黒いフローラルファンシー。1800年代の玉です。多くの黒いフローラルファンシーは丸玉なのですが、これは長い玉、そして模様も金色が入るなど非常に美しい珍しいものです。

残念ながら端が欠けてしまっていますが。

ウグイス色のフローラルファンシー

ウグイス色のフローラルファンシー

ファンシーの中までも、特にこの玉のように花や葉をあしらったものの仲間をフローラル・ファンシーと呼びます。英語で「花模様のファンシー」まあそのままの名前ですね。

フローラル・ファンシーには黒い玉が一番多く、続いて赤が一般的なのですがその他の色も時々見かけます。その中でもこれは珍しいウグイス色。今まで手に入れたのはこれ一個です。